FC2ブログ

君を探して

世界を愛するが故に壊滅する愛もある…(ありえない…)

このページ内の記事タイトルリスト

こんにちは。今日は、なんとなく手紙を書いてみたの。
最近調子どう?
私は最近肩こり酷くて…。
レッスンとか結構長くやってるからかな?
結構疲れるんだから、詩音もちゃんと気を使ってあげてね。
それじゃあ、また遊びに行くから!じゃあね!!

スポンサーサイト



    posted at 21:27 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

多重人格

11.28.2007
これとっても面白いんだ!!
多重人格藤崎詩織之另一面。
ときめきメモリアル 藤崎詩織台詞集

    posted at 21:18 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

實話

11.27.2007
請問。說實話、歐莉卡和萊那和アルモニカ(傑克的本名)腦筋好壞的排名順序?
我覺得應該是歐莉卡→萊那→アルモニカ ・・・


a2.jpg

 ……呃、要我來負責回答這問題嗎!?

唔、呃……唉、唉呀、要排出順位可是相當的難呢。
但是你想、頭腦雖然不好、他們三人都各自有其優點呀。
所以、誰是第幾的順位是不必要的。 


m.jpg 不就是五十歩笑百歩嗎?


a1.jpg 母親、請不要把我拼命所作的掩護給破壞掉嘛。

 
原文在此
    posted at 20:38 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

フレリア

11.26.2007
無邪気で純真無垢。世界最強の古メタファルス律の使い手。
誰にでも人懐っこい感じはあるが実は子供の頃に受けたいじめが原因で本当は人が怖い。
彼女は3032年生まれの世界で2番目に古いレーヴァテイル。
そして世界に3体しかいないオリジンの一人。
エル・エレミアで生まれ、その後すぐメタ・ファルスへ赴く。
無邪氣的純真無垢。能使用世界最強的古メタファルス律。
對誰都有親和力實際上卻是因為在孩提時代被欺負的原故而相當的害怕人類。
她是在3032年出生,世上第二古老的詩魔法少女。
並且是世上僅存3個原型中的一人。
出生於エル・エレミア,此後直接前往メタ・ファルス。

テーマ:アルトネリコ - ジャンル:ゲーム
    posted at 21:31 | 未分類 | TB(0) | CM(0)


過場動畫中我最喜歡這個「ヴィーナクロニクル」,創造天界之塔,
雖然不長(1分鐘左右),可是氣氛營造的非常好,
在EXEC_VIENA/.的歌詞中委委道出フレリア的內心,
整首詩給我的感覺就是撥雲見日、曙光乍現,滿有希望的感覺。

看了アルトネリコ的年表,フレリア一誕生就被送往ソル・マルタ,
和エンジャ(シュン)的相識也是那時候(兩人相差7歲耶…!?),
孩提時被欺負而害怕人類的フレリア,漫長歲月裡孤單的在天上歌謳…
這首根本就也是要來鼓勵她的
如,たとえ孤独が舞い降りようとも、怖くなくなりました、もう苦しくはありません……等等。
正如ルカ所言,這次不再孤獨,因為有大家一起!

ルカ 「フレリア様が、この世界を創ったときって、どんな気持ちだった?」
フレリア 「えっと…楽しかった。…でも、寂しかった。」
ルカ 「寂しかった…?」
フレリア 「だって、一人空の上で謳い続けてたから。」
ルカ 「そっか。それは寂しいよね…。」
    でも、今回は寂しくないよね。私も一緒だから。」
フレリア 「ん。」
ルカ 「そして、今度はきっと…」
    寂しくない世界を創れるよ。」
フレリア 「ん!」

雖然ニコニコ眾都叫她"空氣神"(是因為戲分太少而沒存在感嗎?)
可是我覺得結局中最後這一段很重要,其實也有為續作鋪路的感覺。

フレリア「この世界は…とってもきれい。
     ねえ、この星は…まだ私たちを受け入れてくれているのかな。
     この新しい大陸は、まだこの世界にとって、必要とされている世界なのかな…。
     エンジャ…どう思う?」
シュン「それは…愚問だな。」
フレリア「え?」
シュン「君ともあろう人が…フレリア。
    では、フレリアに質問だ。何故僕はここにいる?」
フレリア「それは…」
シュン「それは、僕が君にとって必要な存在だからだ。」
フレリア「…うん。」
シュン「メタファリカはこの世界に生まれた。
    なぜならそれは、メタファリカがこの世界に必要な存在だから…ではないのかな。
    僕は…そう思うけどな。」




EXEC_VIENA/.

霜月はるか

 Wee yea ra exec hyumme VIENA>>SOL=FAGE/1x enter FRELIA.
 私はフレリアと意識を共有します
 
 Hierle faura murfan anw yeeel ciel.
 哀しみに暮れた小鳥は彼方の空を想っていました
 Gat fusya en ciel ftt.
 呪いに包まれて、空が消えてしまう
 Wee i ga vit anw reveris enrer.
 いつもそんな悪夢にうなされていました
 Wee yea ra wael dauan bexm xl yor cexm mea.
 あなたが訪れてくれた時、夜が明けたのがどれほど嬉しかったか

 Was yea erra chs sheak, en sol anw yeal.
 結んだ絆を照らす太陽になりましょう
 Was quel erra chs lusye eazas.
 互いが互いの光になりましょう

 Presia firle anw harton,
 どうかこの愛を失いませんように
 van yor jyel der polon,
 たとえ孤独が舞い降りようとも
 yanje.
 永遠に

 Yanyaue akata messe anw hyummne an fhyu.
 大切な物語が、風に乗せた調べを伝えてくれるでしょう
 Ciel fusya en gat ftt.
 呪いが払われた空に包まれています
 Wee yea ra yehar anw zash.
 もう苦しくはありません
 Wee yea ra wael nuih bexm, xl yor yaha tes mea.
 あなたが微笑んでくれたお陰で、夜も怖くなくなりました

 Was yea erra chs weak, en khal anw yeal.
 結んだ絆を護る月になりましょう
 Was guel erra chs lusye eazas.
 互いが互いの光になりましょう

 Presia firle anw harton,
 どうかこの愛を失いませんように
 van yor jyel der polon,
 たとえ孤独が舞い降りようとも

 Was yea erra chs ieeya, en sol anw yeal.
 結んだ絆を照らす希望になりましょう
 Was yea erra chs lusye eazas.
 互い互いの光である続けましょう

 Presia firle anw faura,
 どうかあの日の小鳥を憶えていてください
 van furtare parge iem.
 たとえどんなに時が過ぎ去ろうとも
 Melenas.

 愛しています

ヒュムノス コンサート ディレクターズ コメント
謳え、天へ続く階段を

今回の「焔」に収録されている楽曲は、壮大なゼネコン音楽といいましょうか…大地を創成したり、塔を創成したりといった、大建造物を創成するものが多数存在します。これらの詩はとても大きな事を行える反面、人一人の力ではどうにもならない程の強大な力を必要とします。その為に神の力を借りたり、人々の想いを一つにまとめて強い想いにしたりといった事を行っていくわけですが、このヴィーナがその転換点となります。ヴィーナは手段として謳う詩ですが、この詩を謳うときのドラマは、今回の物語でも最大の見せ場となるでしょう。また、この曲やEXEC_METAFALICA/.は映像側がコンダクターとなって作れた詩で、その故、映像演出と詩の同期にかなりの力を注ぎました。物語中でこの詩が聴ける頃には、世界もプレイヤーも相当盛り上がっていることでしょう。是非そのエネルギーを、映像と共に感じて欲しいと思っています。

這次焰所收錄的曲子可說是壯大的建設音樂吧…又有大陸的創成、 又有塔的創成,大建築物的創造占了許多。這些詩所執行之壯舉的另一面,是對於這無可觸及的力量時,每個人的己力都是的必要的。為此也借助了神的力量,為要集結人們強大的的思念,這個VIENA則是作為轉換點。VIENA是作為途徑所唱的詩,詠唱時的劇情是本次故事中最大的場景。再者,這首詩和EXEC_METAFALICA/.皆是依據影片而製作的詩。因此影片演出和詩歌是同時投下相當的心力。在聽故事裡的這首詩時,世界與玩家也都會情緒高漲。期望務必能與影片中感受到相同的能量。

Extra データベース・ヒュムノスコンサート
塔を紡ぐとか、大陸を創るとか、塔を停止させるとか、
そういった壮大な効果を持つものこそ「ヒュムノスー!」ってかんじですよね。
このヴィーナは、まさにその最骨頂ともいうべき楽曲でしょう。
塔出現の瞬間に一瞬静かになり、直後大盛り上がり!
というのは、かなり初期階段で決まっていました。

紡出塔也好、創造出大陸也好、將塔停止也好、
就像是有著壯觀效果的這「Hymmnosㄧ!」的感覺唷。
這個VIENA可說是最頂峰的樂曲吧。
塔出現的瞬間有剎那的寂靜,再立刻接著高漲!
也就是說,在相當初期階段就已決定好了。
テーマ:アルトネリコ - ジャンル:ゲーム
    posted at 23:03 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
我終於了解ニコニコ動画的ニコニコ來由了
我之前在AT結局時差點沒被字幕(COMMENT)笑死…
尤其再說到主角M屬性時,字幕幾乎把整個畫面給擋住了…
害我反而不是看動畫而是在留意字幕XD
    posted at 00:53 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
打從心底地為這世界祝福,
美麗的世界,萬物的氣息。
Full of blessings!
當最後インフェル給クローシェ打氣時
 インフェル「あなたは、絶対メタファリカを成功させられる。
       ううん…成功させなさいよ。…私の…
       …私の夢だったんだから…」
以及インフェル即將被デフラグメント前
 インフェル「…やるじゃない。設計者を越えるなんて…
       この世界を…よろしくね…」
的那兩段話,讓我很感動。

因著對這世界的愛,以及身為御子的使命感
再經過メタファリカ的失敗後,澪的御子成為禁忌的御子並且被封印…
變得相當偏激的インフェル作下サブリメイション的決意,
然而メタファリカ卻原是她們所希冀的。

在這地表已被99.3%死之雲海所覆蓋的星球上,似乎已不見光明的未來
但『昇華』又何嘗會是她們的原意。
進而在最終戰中賭上自己的信念,
從EXEC_over.METHOD_SUBLIMATION/. 的三首BGM的演變中可以明顯感受到唐突的變化
lamenza 罪與罰的悲嘆→ee wassa sos yehar 毀滅尋求解脫→omness chs ciel sos infel 祝福滿懷慈愛
這樣的遞轉也代表了インフェル內心的轉換,
故此打了三次BOSS的我也一再的被這首詩所感動,
因為,澪的御子本該就應是『愛の種子賜りし御子』。

EXEC_over.METHOD_SUBLIMATION/.
~omness chs ciel sos infel

志方あきこ

 Chs hymma en famfa der ciel,
 天空を舞う鳥の様に
 chs plina en grlanza art fhyu,
 風に踊る草花の様に
 chs hasyu en zassyen der sielp,
 せせらぎと戯れる魚の様に
 chs bister en rana anw dor,
 大地を駆け巡る獣の様に
 was yea ra messe anw briyante.
 この歓びを高らかに報せよう

 Wassee anw fane lusye,
 讃えよ 慈愛の煌きを
 wassee zess frawr bautifal en afezeria,
 讃えよ 祝福に咲き誇る花の如く
 wassee en chs SUBLIMATION,
 讃えよ 形ある歓びから 形なき至福へと
 was yea ra omness chs ciel sos infel iem, Wassee!
 今 憂いなき園へと集い 讃えよ

 Was yea ra wael yorr uteu enw fernia,
 甘やかな微睡に 浮かぶ笑みはただ無邪気に
 en sorr quen art ftt omnis crudea.
 解き放たれた歓びは 声無き謳になる

 Was yea ra wael yorr yaserwe,
 永久の安寧に 揺蕩う貴方
 en melenas oure en yanwe oure sor.
 
何よりも尊く 何よりも愛おしい

 Was yea ra grandus ciel sos infel,
 光溢るる歓喜の野は 誰にも侵すこと能わない
 Was ki ra na fogabe anw sial gyaje.
 僅かな翳りさえも 許される事は無く


 Wassee fatere gyajlee deata,
 讃えよ 審判の刻に足掻く者よ
 wassee forgandal dauane keenis na nozess,
 讃えよ 黎明の輝きはもはや消せぬ
 wassee en chs SUBLIMATION,
 形ある歓びから 形なき至福へと
 was ki ra yorra sarrifis anw omnis noes, Wassee!!
 今 其の身を委ね 希の途へと集い 讃えよ

 xN rre cia n.m.l. ut talam ag f.r.l. du tussu/.
 東雲の色に染まる空は 始まりの予感に震え
 xN rre sarr m.n.g. du tyui lyuma/.
 かそけき星を また一つ飲み込んでゆく

 xU rre urgn zz tUkd ut LYAglansee,
 嘆きはもはや届かない
 targue rre qujyu zUzx
 未だ朝日の射す事なき影の森の奥
 ag tUn za vUt dn balduo sefanl/.
 喪われた希望の欠片を抱き ただ消え行こうとも

 Wee yea ra rre lyafre famfa en jass anw iasien,
 朝露を求め蝶は羽ばたき
 en tarfe tou yos maun.
 閉ざされた瞼に そっと舞い降りる

 xU rre sefanl s.n.k.k. aje qraffa,
 木々は芽吹いたばかりの緑を纏い
 en h.k.t.t. nafan du ouwua kouf/.
 溜息の木霊を 優しく抱き留める

 Was nyasri ga hieg yorra guaysu
 未だ癒えぬ 胸の痛みに俯く貴方
 art crudea en raklya art idesy memora.
 満ちる想い溢れるままに その頬をぬらしたとしても

 Tasyue anw gyuss en yosyua yor,
 捧げよ 過ぎる惑いに優しき腕を
 tasyue anw ciel en dople anw omnis lamenza,
 捧げよ 嘆きの無い全き世界を
 tasyue en chs SUBLIMATION,
 形ある歓びから 形なき至福へと
 was yea ra sonwe sos yor en valwa anw ciel.
 謳わん 隔たれた世界を拓く調べ

 Was yea ra chs yuez en yanje yanje pitod yor.
 嬉しい 貴方と共に在る 奇跡
 Was apea ra chs yuez en yanje yanje pitod yor.
 嬉しい 貴方と共に在る 僥倖

ヒュムノス コンサート ディレクターズ コメント
 世界の愛、愛故の狂気

 人には必ず目的がある、行動には意味がある、
 人必定有其目的,行動是帶有動機的。
 という観点から物事を捉えると、ラスボスにも必ず、そこにいる意味、目的があります。
 從這觀點來掌握事物,最終頭目也必定有他的意圖、有他的目的。
 通常ゲームのラスボスは大抵邪悪であり、
 通常遊戲的最終頭目大多是邪惡的,
 それ故にラスボス戦の曲は大変に荒れ狂った曲となる事が多いものです。
 因這緣故最終頭目的曲目有許多是非常狂暴的曲子。
 では、ラスボスがこの世界に対し、大きな愛をもってそこに存在していたのなら、
 然而要是最終頭目對於這世界抱持著很大的愛意的話,
 それはどのようなシチュエーションとなるでしょうか。
 那會形成怎樣的情況呢?
 そして、その世界の当事者が謳う詩がBGMとなる場合、
 再者,以那世界的當事者所詠唱的詩作為背景音樂的情況下,
 そのBGMはどのようなものとなるでしょうか。
 那會是怎樣的一個背景音樂呢?
 余りに純粋すぎる心、そして神々しいいまでの想いを、態となります。
 變成過於純粋的心,並且是到神聖般地情懷的情況。
 狂気、狂気…と続いてきた最後を飾るこの曲は、
 瘋狂、瘋狂…接續來到作為結束的這首曲子
 貴方にとって、どうな曲として感じられるのでしょう。それとも、狂気に満ちた曲でしょうか。
 對您而言所感受到的是怎樣的曲子呢?仍是充滿瘋狂的曲子嗎?

Extra データベース・ヒュムノスコンサート

 そして、破壊の後に来るのは再生。
 まさに「愛」を象徴するような、優しく包み込むような楽曲です。
 この、最強のボス戦で最高の優しい楽曲、
 という狂気的なギャップは一度やってみたかったのです。
 それも、しっかりその意味があるものとして。
 これもいわゆるギャップ萌というヤツでしょうか。
 然後,破壞之後所帶來的再生。
 確如「愛」所象徵般的、溫柔包入似的樂曲。
 這個在最強頭目戰中最溫柔的樂曲,
 想嘗試一次看看這個瘋狂般的落差。
 那也是作為某種充分的動機。
 這也就是一般人所謂的落差萌嗎?
テーマ:アルトネリコ - ジャンル:ゲーム
    posted at 22:56 | 未分類 | TB(0) | CM(1)
ココナちゃん轉阿轉…
(這是用ED截圖作的)

                完(太混了吧!?)
kokona.gif

    posted at 23:54 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
アルトネリコ下一作女角預定
看來クロア是不會出現了(残念…人家很喜歓他的説)
不過ココナちゃん還是把頭髮放下來比較可愛…
cocona_cutin_02.jpg


                                (C)GUST CO.,LTD. 2007 (C)BANPRESTO 2007
    posted at 23:28 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

超慢…

11.19.2007
最近網路又開始變慢了
今天上傳一段半分鐘的影片
アルトネリコ2-モンサンガール
就花了好久的時間upload…
    posted at 22:25 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
最近時有廣告留言,
如果是正常的就算了…
色情的就ごめんよ!
不過po中文時好像就沒出現了,
難道這就是中文的好處?
    posted at 23:34 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

服喪中

11.17.2007
該來的還是要來,
雖然立場不同…
仍然要咬牙忍過。
    posted at 20:58 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
----------ストーンヘンジ(5DP)----------

クローシェ「…本当にこの中に入るの?

クロア「怖いですか?
クローシェ「そんなこと有りません!ただ…
クローシェ「貴方を受け入れて、より深いところを見せるなんて…本当に私にとってイイコトなのかしら。
クロア「大丈夫です。このパラダイムシフトは、誰が起こしたわけでもない。クローシェ様自身が起こしたものですから。
クローシェ「私自身が…
クロア「はい。
クローシェ「…。
クローシェ「…私自身が、貴方を受け入れたのね…。信じられないけど。
クロア「…。
クローシェ「でも、一つだけ言っておくわ。私は貴方に心を許した訳じゃない。
クローシェ「少しでも変な行動をしたら、即刻ここから追い出すわよ。その事は覚えておきなさい。
クロア「…はい。
クローシェ「それじゃ…入るわね…。
クロア「…これで完了なのか。
インフェル「はいはい、ご苦労様。これでOKよ。これで貴方は、クローシェの世界をより深く知っていくことになるわ。
クロア「そうだな。
インフェル「簡単に言うほど、甘い世界じゃないわよ。精神世界は、深くなればなるほど、過酷な世界になっていくわ。
インフェル「あなたがそれに、耐えられるかどうか…。
インフェル「そして、精神世界は深くなればなるほど、うわべだけではない、本当の想いが試される。
インフェル「あなたは本当に、クローシェとパートナーになれるのか…。
クロア「…なるさ。
インフェル「意気込むだけでなれたら、誰だってパートナーになれるわ。
インフェル「まあ、とにかく見せてもらいましょ。クローシェがどこまであなたを受け入れるのか…高みの見物をさせてもらうわ。
クロア「好きにすればいい。
インフェル「言われなくても、そうさせてもらうわよ。とにかく、これでレベル1という世界は完了したわ。
インフェル「おめでとう。次にダイブして来るときには、レベル2と言われる世界になっているわ。
インフェル「こことは全く違う世界になっているかも知れないし、全く同じかも知れないわ。ただ1つ、確実に言えることは…
インフェル「間違いなく、あなたにとってレベル1以上に過酷な世界になっているだろう、ということ。
クロア「…。
インフェル「それでもつき合っていく覚悟が有るなら、またダイブしてくる事ね。
インフェル「それじゃ、ひとまずさようなら。機会があれば、また会いましょ。
クロア「ああ。また会おう。
----------LV1踏破--------------
    posted at 23:15 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

理解不能

11.16.2007
沒事來這發廣告作啥?
我這也不熱門啊…
真是的!!
    posted at 00:20 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
-------------自分の心を他人に見られるのが怖い------------

クローシェ「怖い…ですって!?私が?誰を怖がるというの!?
クロア「クローシェ様がこうして明かりを落として見えなくしているのは、部外者に自分の世界が見えるのを恐れているからですよね。
クロア「大丈夫です、俺はクローシェ様を傷つけたりしませんから。
クローシェ「…傷ついた。
クロア「…え?
クローシェ「とっても傷ついた!侮辱されたわ!
クロア「どういう事ですか!?
クロア「ちょ、ちょっとクローシェ様!落ち着いてください!
クローシェ「貴方なんて、所詮そんなものよ!私のことなんかこれっぽっちも分かってくれていない。
クローシェ「貴方は今、私の一番嫌なことを言ったのよ。そんなことすらも分からない分際で、私の世界に入ってこないでちょうだい!!
クロア「いや、俺はただ…
クローシェ「貴方なんて、私の敵よ!!
クロア「うわぁぁぁっ!!
インフェル「…。
インフェル「…早っ。
インフェル「もう嫌われたのね。まあ、そんなに気にすることは無いわ。
インフェル「,コスモスフィアの中に「記憶」は存在しないから。もう一度彼女の事を本気で考えて、出直してきたら?
---------------全ての存在は自分を脅かす敵-------------

クローシェ「そうよ…。全ての存在は、私にとって敵。
クロア「確かに、そうかもしれませんね。
クローシェ「私にとって、本当に信じられるものは、私の意志と、私が生み出し残している仲間だけなの。
クロア「その気持ち、わかります。
クローシェ「他人なんて、どんなに優しく接してくれても、所詮は私を利用しようとしているに過ぎない。
クロア「それもあると思います。
クローシェ「貴方だって結局、私に命令されて入ってきたのは、私を利用して自分がのし上がろうとか、そういう事を考えているからでしょう?
クロア「そういう考えはありませんが、確かに1つだけ…利用している事はあります。
クローシェ「…ほら見なさい。結局貴方も、私を言いくるめて、いいように利用しようとしているだけじゃない。
クロア「俺が利用しているのは…親しくなることで、よりクローシェ様の心を癒せる相手になれるんじゃないか、という点です。
クローシェ「…何それ。私に気があるってことかしら?
クロア「いえ、そういう意味ではありません。
クロア「俺は、クローシェ様を護る任務を与えられた騎士です。確かに職務を全うするだけなら、事務的に敵から護り続ければいい。
クロア「ですが、出来る限り、一緒にいて安心できる騎士でありたい…とも思っています。
クロア「少しでもクローシェ様の事がわかって…わかっているからこそ気を利かせられたり、気遣いできる、そんな騎士でありたいのです。
クローシェ「きれい事を…
クロア「そうですね。確かに本音を言えば他にもありますよ。クローシェ様と仲良くなったら、カッコイイじゃないですか。
クロア「騎士として、御子様に認められるなんて、最高の名誉です。周りからも尊敬されるでしょうし。
クロア「ですが、そういった本当に利用している分も含めて、クローシェ様に対して思っている気持ちも受け取って欲しいです。
クローシェ「…。
クロア「少しずつ、ご自身で許せる範囲でいいんです。俺も、クローシェ様の前では正直でいることを決めてますから。
クローシェ「…ふぅ。貴方と話していると疲れるわ。
クロア「すみません。
クローシェ「私の攻撃をかわして、言ったことは実行してきて…。まさか本気で火種を持ってくるとは、本当に思ってなかったもの。
クロア「俺は本気でしたよ。自分の気持ちが本当だと言うことを解ってもらうために、何でもしようと決めていましたから。
クローシェ「…そこまで言われたら、許さないわけにはいかないじゃない…。
クロア「…え?
クローシェ「私とて、御子という立場にある身。約束を破って平気でいられるほど、恥知らずではないわ。
クローシェ「いいでしょう。この世界に火を灯すことを許します。
クロア「ありがとうございます。
クローシェ「ですが!約束して。この世界に貴方以外の人が入ってこないことを、貴方自身が約束して。
クローシェ「貴方には見せられても、他の人にはまだ見せる勇気は…
クロア「わかりました。全力で対応しますから。
クローシェ「そ、それと…
クローシェ「貴方に見せる範囲も、かなり限られたものであることを忘れないように。全部見えている、なんてうぬぼれたこと思わないで!
クロア「もちろん分かっています。最初は少しでもいいんです。
クロア「この周りが灯せるだけでもいい。クローシェ様が、俺の為に明かりをつけると決めてくれたことが嬉しいんです。
クローシェ「べ、別に貴方のためじゃないわ。そういう約束だったから…ただそれだけよ…。
ランタノール「はい。わかってます。
クロア「…わ、分かっていればそれで良いわ。それじゃ、火をつけるわよ。
クロア「うわぁっ!!火が灯ったわ!
クロア「…明るくなった!
クローシェ「いいこと!貴方との約束を守っただけよ?
クローシェ「もし、この世界で私を傷つけたり裏切ったりしたら、すぐに追い出すから…。
クロア「はい。そうならないように、頑張ります。
クローシェ「…せいぜい頑張りなさい。
ランタノール「クロアー!ありがとうー!!
クロア「良かったな、ランタノール。
ランタノール「うん!これでボクも、今まで通りの力を発揮できるわ。クロア達の役にも立てるのよ!

詩魔法【ホーリーバースト:Lv2】『ランタノール』を紡ぎ出した!

クロア「こ、これは一体!?光の束が…

インフェル「あら、びっくり。まさかパラダイムシフトを起こすなんて。
クロア「パラダイムシフト…?
インフェル「そんな事も知らないのね。パラダイムシフトというのは、クローシェの心があなたを受け入れた証拠よ。
インフェル「受け入れられた貴方は、今よりも少しだけ深く、クローシェの心の中へ入り込むことを許される。
インフェル「とは言っても、現実世界にはそんな大きな変化は無いんだけど。
今回は…俺を受け入れてこの世界を明るくしたことが、パラダイムシフトの理由…という感じなのか。
インフェル「おおむね当たりなんじゃないかしら?
インフェル「パラダイムシフトが発生すると、より深層心理に近づくことが出来、それによってより強い魔法を得ることが出来るわ。
インフェル「それが「ダイブ」と言われる行為の本質。レーヴァテイルとダイバーが分かり合う事で、心を許しあい、強い詩魔法を紡いでいく。
クロア「なるほどな。…それで、これからどうしたらいい?
インフェル「クローシェと一緒に、ストーンヘンジへ行く。そして、光の中にクローシェが入るのよ。そこで初めてパラダイムシフトは完成する。
クロア「わかった。ありがとう。
インフェル「あなた…本当に淡泊ね。一つだけ忠告。淡泊な人って、ダイバーには向かないのよね。
クロア「…覚えておくよ。
    posted at 19:50 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
---------いのちの塔(30DP)------------
クロア「ここでいいのか?ランタノール。
ランタノール「そうそう、ここなのよ…!ああ、だんだん力がみなぎってくるわ…。
クロア「そうか、良かった。
ランタノール「しばらくここにいれば、力も元に戻ってこの世界を照らすことが出来るようになるわ。
クロア「しかし、何故牢屋に閉じこめられていた?昔、何かあったのか?
ランタノール「それは、ボクにもわからないのよ。確かに昔はこの世界を照らしていた。それだけは覚えてるんだけど…。
クロア「さすがに、十数年前の事は覚えていないか。
ランタノール「うん。確かあれは、14年前。ボクはこの世界を自由に照らしていたの。
ランタノール「だけど、気がついたときには牢屋にいて、火も消されていた。そして、火を灯す力も奪われていたの。
クロア「そうか…。しかし、この世界の人達はそれで大丈夫なのか?暗くて困ったりしないのか?
ランタノール「それは大丈夫なの。ボクたちこの世界の住人は、光が無くても不自由はないわ。
ランタノール「ボクがこの世界を照らす理由。それは、クロアのように、外の世界から訪れてきた人のためなのよ。
クロア「俺の…ため?
ランタノール「そうよ。…というか、説明する必要なんて無いんじゃない?実際、この世界が見られなくて困ってるじゃないの。
クロア「まあ、そうだが。
ランタノール「ボクはね、外の人を… …… …!!!
クロア「…?どうした?
ランタノール「クロア!危ない!!
クロア「うわっ!!
クロア「くっ…
クロア「…。
クロア「……。
クロア「…あ、あれ?
ランタノール「…っ…。だ、大丈夫…だった?
クロア「ランタノール!俺を庇ってくれたのか!?
クローシェ「…。
クロア「クローシェ様!何故攻撃を!?
クローシェ「まさか、本当に『火種』を見つけてくるとは思わなかったわ。こうなったら、力ずくでも消し去るまで…。
クロア「待ってください、クローシェ様!俺にはさっぱり意味がわかりません…。
クロア「この世界を明るくしたら、俺がクローシェ様の為にコスモスフィアにダイブしに来ている事を認める、と言ってくれましたよね?
クロア「なのに、なぜ俺たちを攻撃するんですか?
クローシェ「それは、この世界を明るくするなんてあり得ないことだからよ。
クロア「話が全然違いますよ!第一、この世界が暗くなったのは、誰かに火種を奪われたからで…
クローシェ「明るくするなんて、出来るわけがない!
クロア「クローシェ様!?
クローシェ「絶対に無理だと思ってたのに。あの怖い牢獄から火種を持ってくるなんて、絶対に出来ないと思ってたのに!
クローシェ「なのに何故、貴方はそう簡単に持ってきてしまうのよ!せっかく、誰も取りに行けないところに隠したのに…
クロア「クローシェ様…もしかして、火種を隠したのって…
クローシェ「…私よ。
ランタノール「貴方だったのね!!ボクをあんな所に閉じこめたのは!!ひどいのよーー!
クロア「どうしてそんなことを…
クローシェ「どうして…って…、そんな事言えるわけ無いでしょう!?
クローシェ「私の心を占領されるきっかけを、どうして私自身が貴方に与えなければならないの!?
クロア「占領…って…俺は別に、占領しに来たわけでは…
クローシェ「騙されるものですか!
クロア「…何故そこまで拒絶するのですか?
クローシェ「何故…ですって?そんなことも分からないで、よく私の心を侵しになんて来たわね。
クローシェ「私の心を侵したいなら、理由ぐらい自分で考えてみなさいよ!
クロア「…クローシェ様が、明かりを灯したくない理由、それは…
    posted at 23:49 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
--------孤独の街(10DP)--------------
ルカ「あれ?クロア!
クロア「ルカ!?何でここにいる?ルカもダイブしてきたのか?
ルカ「えへへ、何でここにいると思う?そ·れ·は…
ルカ「クロアに逢いたかったからだよっ。
クロア「…こ、こんな所で言うことか。
ルカ「ここで言わないでどこで言うの?クローシェ様にも見せびらかしたいの。
クロア「…何を?
ルカ「クロアは私のモノだってこと。えへへ…。ねえ、クロア…楽しいことしようよ。あっちに休めるところあるよ?
クロア「ちょ、ちょっと待て!何か変だぞ?ルカ!
ルカ「え?変じゃないよ?クロアこそ変じゃない。いつもあーんなことや、こーんなことまでしてるのにっ!
クロア「はぁ!?
ルカ「ね…。ク·ロ·ア。一緒に楽しいこと、しよ?
クロア「だめだ…埒が明かない…逃げるか!
ルカ「ま、まってよクロアーー!!
クロア「ふぅ… はぁ…な、なんだあのルカは…。
インフェル「クローシェの想い描くルカ。
クロア「…なんだって? …はぁ、はぁ…
インフェル「この世界に登場する人物は、全てクローシェの想い描く人物になる。クローシェの精神世界だもの。当然でしょ…。
クロア「…ということは、クローシェ様はルカを、あんな風に見ているという事か…。
インフェル「そういうこと。
クロア「参ったな。ルカはあんな子じゃないのに。
インフェル「仕方ないわよ。人間は観念と先入観の塊だもの。他人の事なんて、分かっているようで、これっぽっちも分かってない。
インフェル「ご覧の通り、ね。
クロア「確かにその通りだが…。今後を思うと、少し頭が痛いな。
    posted at 22:17 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
-------心の牢獄(20DP)---------------
クロア「ここが牢獄か。…不気味な所だな。確かに何か出てもおかしくない。
???「…。
クロア「っ!!な、何だ!?
クロア「…!?消えた…いや、気のせいか…?
???「…だれか、いるの…?
クロア「うわっ…やっぱり何かいる…!
???「こんな所に…誰か来るなんて…あり得ないわ。ついに幻影が…見えるようになったのね…。
クロア「…君は!?
???「ボクはそろそろ死にます。お気になさらず…。いや、死んだら君の仲間かも。よろしくー…。
クロア「俺は生きてる。おい、大丈夫か?もしかして、ずっとここに閉じこめられていたのか?名前は…?
ランタノール「ボクは…ランタノール。もう十何年も、ここで飲まず食わずで暮らしてるの…。
クロア「…良く生きていられるな。
ランタノール「君は?でも、どうやらボクを助けてくれる王子様では無いようね…。
クロア「王子様ではないが、助けるよ。君が幽霊の正体なのか?
ランタノール「幽霊…?ボクは生きてるよ…失礼だなぁ。だいたい、こんな所に何の用があって来たの?
クロア「火種を探している。この世界が暗いのは、火種がここに隠されていると知ったから…。
ランタノール「ああ…あはは…なるほど…やっぱりあなたが王子様だった…って事か…。
クロア「え?
ランタノール「火種って、ボクのことだよ。ボクはランタノール。役割はこの世界を照らす光…。
クロア「そうか…君がこの世界の光なのか。それじゃ、君をここから出せばこの世界は明るくなるんだな?
ランタノール「ざんねん。それは違うのよ。残念だけどボクにはもう、この世界を照らす力は残っていないの…。
ランタノール「力さえ補給できれば…
クロア「補給する方法が有るのか!?
ランタノール「もちろんよ。『いのちの塔』まで行くことが出来れば、塔から力をもらえるの。
クロア「よし、それじゃここから出してやる。
ランタノール「…無理よ。そんなことやっても、この鉄格子は開かないわ。
???「…。
クロア「っ!?また出た!!
ランタノール「え?何が?何が出たの?
クロア「君には見えないのか?幽霊だ。

アリス「あたし…ゆうれいじゃない…あたしは…アリス…
クロア「…アリス!?喋れるのか!?君は一体何者なんだ?
アリス「あなたは…だれ?
クロア「俺はクロア。クローシェ様に命じられて、詩魔法を紡ぎに来た。といっても、全然紡げていないが。
アリス「うた…まほう…そう… たのしそう…
クロア「君は一体何なんだ?ここの幽霊じゃないのか?
アリス「あたしの想いは…はるか奥の方…低レベルでは…これが限界…
クロア「…?
アリス「あなたは…あたしの…みかた?…てき?
クロア「…俺は…
クロア「…!!待て、俺は…
--------------味方だ!---------------------
クロア「うわっ…
クロア「あ、あれ…?扉が…開いている!?
ランタノール「す、すごい…扉が…開いてる…
クロア「ありがとう… …あ…
クロア「…いない…。
ランタノール「すごい…まさか…この牢獄を開けるなんて…
クロア「俺じゃないんだが…とにかく、渡りに船であることには違いない。『いのちの塔』に行こう。
ランタノール「…うん。

詩魔法【ブレイブサンダー:Lv1A】『F.S.T.』を紡ぎ出した!

--------------敵だ!---------------------
クロア「うわぁぁっ!!
クロア「…てきは…はいじょ…
ランタノール「…あんた、バカ?
クロア「仕方ないだろ?
ランタノール「まあ、愛情が全然足りないって事ね。本当にクローシェを想うなら、もっと彼女と愛を語ってきなさいよ。
クロア「…。
    posted at 19:59 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
---------いのちの塔(20DP)------------
クロア「…何かいる?

???「本当に暗くていやだねー。
???「ほんとほんと、やーね。早く牢獄から出してあげればいいのにね。
???「いや、それは無理だよ。だって…
???「あ、そっか!そういえばそうだったわねー。それじゃ、ずっと真っ暗ってこと?
???「本当に暗くていやだねー。
???「ほんとほんと、やーね。
クロア「えと、すまない…。
???「うわっ!ビックリしたー!
???「きゃっ!ビックリしたわ!
クロア「今、牢獄って言ってたけど、牢獄の場所を知ってるのか?
???「そんなの聞いて、どうするつもり?
???「そんなの聞いて、この世界をつぶすつもり?
クロア「いや、そうじゃない。この世界を明るくしたいんだ。君達だって困ってるじゃないか。
???「…ふーん。
???「…へー。
???「信頼できる?
???「どうかしら?信頼できる?
クロア「俺は本気だ。俺は、クローシェ様の為にここにいる。
???「…。
???「ま、いいわ。
???「ま、いいか。
???「嘘だったら、それはその時。
???「後でお仕置きすればいいだけだからね。
???「それじゃ、牢獄までの道程を教えてあげる。

ポインタ『心の牢獄』が出現しました。

クロア「ありがとう。助かる。
???「でもでもねー、でもでもねー。
???「果たして帰ってこれるかな?
???「クローシェ様も酷だね。
???「あんな所へ一人で行かせるなんて。
クロア「…。俺は大丈夫だ。帰ってくる。
???「せいぜい気をつけて。
???「あそこには、ユーレイが出るから。
    posted at 23:03 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
----------選1『がっかりしてみる』----------
クローシェ「ちょ、ちょっと待ちなさい。
クロア「…はい。何でしょう。
クローシェ「貴方、私の役に立てればと思って入ってきた、と言いましたよね。ならば、最後のチャンスを与えますわ。
クロア「いや、そんな無理なさらなくてもいいですよ。
クローシェ「…あ…
クローシェ「あ、貴方に選択権なんて無いの!何度言ったら解るのかしら?チャンスを与えると言ったら受け取りなさい!
クロア「は、はい。
クローシェ「世界を明るくする火種が、この世界にあるの。でも、それがある人に盗まれてしまって、この世界は闇に覆われたわ。
クローシェ「その火種は、行くだけで呪われるという牢獄の中に隠されてしまった。
クロア「行くだけで呪われる…?
クローシェ「貴方、本当に私のためを思うのなら、もちろんその牢獄へ行きますわよね。当然、行けますわよね?
クローシェ「その牢獄から火種を持ち帰り、この世界を明るくすることが出来たら、貴方の発言を認めて差し上げますわ。
クロア「その牢獄ってどこに…
クローシェ「それじゃ。
----------選2『怒ってみる』-------------
クロア「そんな無茶苦茶な話ありますか!
クローシェ「ちょ、ちょっと…どうしたの急に!お、落ち着きなさい!
クロア「これが落ち着いていられますか!!
クロア「俺は貴方に魔法を紡いで欲しいと言われてきたんだ。なのに中に入ったら全く非協力的で何をしたらいいかわからない!
クロア「俺は一体どうしたらいいんですか!俺をからかって面白いですか?
クローシェ「お、落ち着いて!落ち着きなさい!!
クローシェ「わかりました…貴方がそこまで言うのなら、チャンスを与えますわ。
クロア「チャンス!?
クローシェ「世界を明るくする火種が、この世界にあるの。でも、それがある人に盗まれてしまって、この世界は闇に覆われたわ。
クローシェ「その火種は、行くだけで呪われるという牢獄の中に隠されてしまった。
クローシェ「行くだけで呪われる…?
クローシェ「貴方、本当に私のためを思うのなら、もちろんその牢獄へ行きますわよね。当然、行けますわよね?
クローシェ「その牢獄から火種を持ち帰り、この世界を明るくすることが出来たら、貴方の発言を認めて差し上げますわ。
クロア「その牢獄ってどこに…
クローシェ「それくらい、自分の力で探しなさい!
-----------------------------------------
クロア「クローシェ様!?
クロア「…。
クロア「ふぅ…参ったな。
インフェル「早くもあなたに同情してきたわ。
クロア「何とかならないのか。
インフェル「でも残念。私は貴方を手伝うことはしないの。私自身も、あなたにこの世界を歩いて欲しいと思っていないから。
クロア「そうなのか…。
インフェル「ええ、そうよ。私がこの子の精神世界を歩いて欲しいと思ってるのは唯一人…。未だ見ぬ白馬の王女様だけだもの。
クロア「王女様??女性なのか?
インフェル「…。
インフェル「…女性だろうが男性だろうが、何でもいいでしょ?しつこい男は嫌いなのよ。
クロア「まあいい。結局俺は、この世界には完全に歓迎されていないって事だな。
インフェル「まあ、冷静に見ても歓迎されていないわね。これが彼女の歓迎なら、とてつもないへそ曲がりか、プレイの一環かどっちかね。
クロア「プレイの一環??
インフェル「…お子ちゃまには理解不能か。そこは突っ込まない方が無難よ。
インフェル「とにかく。
インフェル「まとめると、あなたはクローシェに歓迎されていないと推測されること。その理由は不明であること。
クロア「理由は、白馬の王女様じゃないからではないのか?
インフェル「それは私の希望よ。クローシェと私は必ずしも同じ事を考えているわけではないわ。
クロア「そうか。
インフェル「…。
インフェル「まあでも、全く望みが無いわけないわ。初めなんてこんなものよ。
インフェル「人を自分の精神世界に入れるんですもの。怖くて受け入れられないのは当然。
インフェル「後はあなた次第よ。それじゃ、私は忙しいからこの辺で。
クロア「…俺次第…か。

    posted at 22:21 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
--------孤独の街(20DP)------------

クロア「…街…か。しかし、誰もいないような…暗くて見えないだけなのか…?
クローシェ「…ごきげんよう。
クロア「クローシェ様!ここが、クローシェ様のコスモスフィアなんですか?
クローシェ「貴方。…こんな所で何を?不法侵入であれば、即刻退去を命じます。
クロア「いや、俺はクローシェ様に命じられて、詩魔法を紡ぐために…
クローシェ「あら、そう。それは結構なことですわね。存分に紡いでください。
クロア「良かったです。拒絶されたらどうしようかと。ですが、ちょっと暗過ぎて何が何だか…
クローシェ「文句があるなら、出て行ってくださらない?ここがどこなのか、分かってますわよね?
クロア「あ、はい…クローシェ様の世界です…。
クローシェ「ならば、貴方に文句を言う権利は無いの。与えられた環境で、与えられた任務をこなす。それが貴方の役割!そうではなくて!?
クロア「は、はい…。
クローシェ「物わかりが良くて助かります。それでは、適当にがんばりなさい。
クロア「あ!ちょ、ちょっと待ってください!
クローシェ「…何かしら?注文が多いわね。
クロア「すみません。ですがこの状態ですと、歩くだけで精一杯なもので。
クローシェ「そう…歩くだけで精一杯なの。そんな人に私のコスモスフィアを歩いて欲しくないわね。
クローシェ「無理なら無理して歩かなくていいわよ。そうそうに出て行ってちょうだい。
クロア「な…
クローシェ「そうですか…わかりました。残念ですが、俺にはちょっと荷が重すぎたみたいです。
クローシェ「…。
クロア「そもそも下っ端騎士の俺が、クローシェ様のコスモスフィアに入ること自体が畏れ多いことですし、見当違いでした。
クロア「それでも、少しでもクローシェ様のお役に立てればと思い、頑張って来ましたが…。やはり限界です。
クロア「すみませんでした。現実世界へ帰してください。
    posted at 18:49 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
----------いのちの塔(5DP)------------クロア「ここは…扉?
インフェル「いのちの塔。
クロア「いのちの塔…。
インフェル「レーヴァテイルと言われる存在は、この『いのちの塔』を介して、他のレーヴァテイルや詩魔法サーバーに繋がっているの。
インフェル「そしてこの場所が、自我と他人との境界であることから、『境界門』とも言われているわ。
クロア「境界門…!?
インフェル「そう。この門がなかったら、他のレーヴァテイルに自分の心が見えてしまうのよ。この門があるから、自我を形成できるわけ。
クロア「なるほど。詩魔法サーバーというのは…?
インフェル「…あなた、何も知らないのね。
クロア「ずっと槍術ばかりやっていたから。
クロア「…。
インフェル「まあいいわ。暇だから教えてあげる。
インフェル「レーヴァテイルは謳うことによって、その想いを力に変えることが出来る。炎を出したり、癒したり…。
インフェル「それは、彼女たちの「詩」が「詩魔法サーバー」で処理されて、サーバーが力に変換して返してくれるからなの。
インフェル「簡単に言えば、レーヴァテイルは謳うことでリモコンのボタンを押しているだけ。爆破や回復は詩魔法サーバーがやっている。
インフェル「その、詩魔法サーバーへの意思伝達に必要な接続ケーブルが、この『いのちの塔』だと考えてもらえたら、間違いはないわね。
クロア「難しい事知ってるんだな。
インフェル「当然よ。というより、これくらい常識。あなたが無知すぎるだけ。
クロア「…そうか。
インフェル「そろそろいいかしら?私もそんなに暇じゃないの。
クロア「…さっき、暇だって言ってなかったか?
インフェル「…。
インフェル「言葉の綾よ。空気読めない男は嫌いよ。それじゃ。
クロア「無愛想なヤツだな…。
    posted at 22:08 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
---------プロクシダイブ---------------
クロア「ここは…さっき入ったクローシェ様の心の中…
クローシェ「貴方…また来たのね…
クロア「ま、またこの格好…!?何も変わっていないような気がするが…
クローシェ「不法侵入者…
クローシェ「殲滅!
クロア「ぐはあぁっ…
ルカ「クロア!聞こえる!?貴方は死なないよ?痛くもないはずよ?
クロア「…くっ…え!?本当だ…。
クローシェ「…何だと!?
ルカ「ここは私の夢の中。私が想うことの方が、クローシェ様の想いより勝る世界なの。
クローシェ「くっ…こしゃくな!!もう一度…!!
クロア「何ともない!
ルカ「クロア!今のうちに、そのクローシェ様を羽交い締めにして!
クロア「ああ!
クローシェ「くっ、な、何をする!放して!!
ルカ「ナイスっ!これで心おきなく…
ルカ「昇華…できるっ…!!
クローシェ「ぃやぁぁぁぁっっっ!!!
クロア「…消えた!?
クロア「ルカ!?…おい、ルカ?これでいいのか?
???「最初からこれじゃ、先が思いやられるわね。
クロア「君は…?
インフェル「私?私はインフェル…。
クロア「インフェル…。ああ、クローシェ様の心の護か。初めまして。
インフェル「…初めまして。
クロア「さっきのクローシェ様は一体何だ?
インフェル「恐らく…この子の持つ「心の壁」の象徴。
クロア「…象徴?
インフェル「そう。精神世界では当たり前のように存在する。他にも様々な「象徴」が存在するわ。
インフェル「他にどんな「象徴」が存在するかは…もし貴方がこれからこの世界を開発するのなら、自分の目で確かめられるはずよ。
インフェル「…貴方、名前は?
クロア「クロア。クロア·バーテルだ。
インフェル「クロア…ね。覚えておくわ。
インフェル「それじゃ、また。
クロア「待ってくれ。この世界で俺は、何をすればいい?
クロア「クローシェ様は、詩魔法を紡げと仰っている。だけど、俺にはどうしたらいいかわからない。
インフェル「…その問いに対する回答は…無いわ。貴方の赴くままに行動すること、それが正解だから。
クロア「…赴くまま…か。
インフェル「もういいかしら?私にはやることがあるの。それじゃ、また。
クロア「…とにかく、考えていても仕方ない。少し歩いてみるか。

    posted at 21:34 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
クローシェの精神世界
クロア「…」
クロア「…!!」
クロア「ここが…クローシェ様の心の中の世界…?一見普通の世界…だな…」
クローシェ「貴方…」
クロア「クローシェ様…その格好は!?」
クローシェ「誰…?不法侵入者…」
クローシェ「殲滅!」
クロア「ぐはあぁっ…」
    posted at 21:32 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
こんにちは、最近調子どう?実は、今日は私、体調崩して一日中寝てたのよ。
最近レッスンとか頑張り過ぎたから、一気に反動が来たみたい。
レールが看病してくれたおかげで、今は大分良くなったわ。
も、元々あいつの指示でこうなったんだから、当然よね。
あんたも、パートナーには優しくしなきゃダメよ。それじゃ!

    posted at 22:04 | 未分類 | TB(0) | CM(0)

本って…

11.04.2007
こんにちは…今日は、オーナーのことで話があるの…。
オーナーがね、その…へ、変な本持ってるの、見ちゃった…。やっぱりオーナーもああいう本…興味、あるのかな…。…私も、女の子なのに…。
ご、ごめんね、こんな話しちゃって。えっと…ま、またね!



    posted at 20:10 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
こんにちは、本日は報告することがあります。
最近、ちさとといると頬が熱くなる現象に見舞われます。
これは故障なのでしょうか?システムは全て正常だと出ていますが、安心は出来ません。
もしご存知ならば、ご一報ください。それではまた。

    posted at 20:49 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
こんにちは~!あのね、今日はちょっとだけ気分がいいんだ。お部屋の大掃除してたらね、無くしたはずの本が出てきたの!ずっと探してたんだ、良かった~!!
…あ、あれ?そういえば一昨日、新しい本を買ったような…。訂正!全然良くないよ、もう!それじゃあ、またね!!
    posted at 23:57 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
日本人之所以會成功不是沒有原因的,
昨天看了電視冠軍的搬家王
我才知道搬家並不是我所想像的一樣簡單
他們的細心,他們的專業,他們為客戶著想的理念
都讓我很感動。
    posted at 19:57 | 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ちさと

Author:ちさと
せめて、悲しみとともに

最近の記事
うちの子

長女-蒼詠(あおよみ)
01/01 '10
DZ Nina


二女-吹雪(ふぶき)
02/14 '10
AS 山海經 冥界花 曼陀羅華


長男-司(つかさ)
03/09 '10
Volks DP21 SDC 時


三女-野薔薇(のばら)
04/01 '10
Leeke World/ Dollga Noella


四女-朝曦(あさき)
04/30 '10
Custom House Ai Gaby

ちさとちゃん

アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!

メロメロちゃん

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード